エンディングノートは大切な人の未来へのプレゼント

終活

 どうも、「40代向け終活の専門家」飯塚浩司です。

 ご覧頂き、ありがとうございます。私は同世代の40代に向け終活の必要性を発信していますが、終活というものは年を取ってからするものだと思っている方がほとんどです。
 終活の意味合いを考えるとむしろ40代くらいでやっておくことが、得られるメリットをより多く享受できます。
 終活で得られるメリットの内の「家族のための準備」の部分については、あなたが「もしも」のときに未来の家族に向けた大きなプレゼントになり得ますので、その理由を投稿させて頂きます。

 終活とは以下の2つのことをする活動です。

【終活の2つの大きな目的】

  1. ご自身が亡くなったり、病気などで判断ができないような状況に陥った際に、残された家族が 困らないようにすること。⇒家族のための準備
  2. 人生の最後を意識することで、残されたこれからの人生を自分らしく生きること。⇒自分の人生のための準備

 エンディングノートは、終活のテーマであるこの2つの大きな目的を達成するために必要な情報を、書き留めておくためのノートです。

終活の2つの大きなテーマのうちの1つである「家族のための準備」がプレゼントになる理由は以下の通りです。

家族の時間を奪わずに済む

  パートナーも仕事をされている場合、万が一のことがあった際に何の準備もしていないと

残された家族の、時間を奪うことになります

40代は家族としての顔の他に社会的な顔があり、むしろ社会的な顔にかかる責任の方が重い方も多いと思います。
組織で責任のある地位で働かれている方や、家事と仕事を忙しく両立されている方が多いのではないでしょうか。
サラリーマンの忌引休暇は一週間程度ですし、経営者の方だと1日仕事が滞ることが大きな損失になりかねません。もちろん家事も待ったなしです。


  終活で備えるべき範囲は、貯金や保険といったお金の情報に始まり、医療や介護、葬儀やお墓といったことまで広範囲に渡るため 、これらの情報を書き留めておくことは1分1秒の価値が大きい40代にとっては贈り物と言えるでしょう。

不要な気遣いからの出費をさせずに済む

 エンディングノートに子供の教育に関する考え方や、あなた自身の介護や葬儀などの考え方にについて書いておくことで、あなたにもしものことがあった時に残される家族は、

あなたの考え方に沿った判断を下すことができます。

もしあなたの考え方を残しておかないと、40代は社会的責任も重い世代です。親類縁者や交友関係に気を使い、世間的に恥ずかしくない対応を取ろうとしてしまいます 。
 あなたが意思表示をしておくことで、残される家族は第三者に対して遠慮することなく、あなたの思いに沿って行動することができます。
 現在葬儀にかかる平均は300万円程度と言われていますが、葬儀の様式も時代とともに変化していて選べば数十万円から葬儀をあげることができます。「自分の葬儀にお金を使うくらいだったら子供の教育費に使ってほしい」というような明確な思いがあるのであれば大切なお金を有効に使うことができます。

家族の未来を奪わずに済む

 40代での家庭だと、教育費などのお金がこれからたくさん掛かる年齢の子供がいることが多いのではないでしょうか。40代で万が一のことがあると、子供が就職するまでの金銭的な負担が比較的長い期間発生します。
 さらにパートナーも第2の人生の選択肢が減ってきています。一概には言えませんが、20代30代の方と比べて、就職や再婚などへのハードルは上がっているはずです。

なので

家族への負担が重く長く続いてしまいがちです。

  なので金銭的な備えは、綺麗ごとではなく正に「プレゼント」になるはずです。
40代は預金口座や各種契約の内容を、パソコンやスマートフォンの中で管理していたりします。準備をしていないと、解除ができずに、残された家族が財産に気付かないなんてことも大いにありえます。

老後の未来を考えた際も、年をとってから備えるのでは手遅になっていることが多々あります。
40代あたりであれば、保険に入るにしても選択肢も多く、保険料も有利な条件で加入が可能ですし、運用で資産を増やすことを考えても運用期間を長くとれますので、リスクは小さくなりますし複利の力も大きく発揮させることができます。

結果あなたは 家族の 良い思い出の中で生き続けることが出来る

大切な家族を守るために一生懸命働いたのに、あなたにもしものことがあったあとに家族があなたに恨み言を言って暮らしている。

そんな姿を天国から見たくはないですよね

 プレゼント(present)の語源はラテン語の「前の、事前の」の意味を持つpreと、「在る」の意味を持つesse-entで出来ていますのでpre-esse-entで「前もって用意された」という意味になります。

エンディングノートは

「前もって用意しておく」贈り物。大切な人達の未来を守るプレゼントです。

 母の急逝でかなり大変な経験をしたことをきっかけに、私はたまたま少しだけ早く終活の重要性に気付くことが出来ました。
今度はあなたが終活の重要性に気付いてくれたら幸いです。

タイトルとURLをコピーしました