終活

45歳定年制について考える

70歳までの就労機会の確保を掲げた「高齢者雇用安定法」の施行の傍らで、45歳定年制という言葉が話題になっています 寿命の伸びに伴うマルチステージを前提としたこれからの生き方について「40代向け終活」の専門家がまとめてみました
終活

これからお墓は必要?多様化する供養の形

樹木葬や海洋散骨など、新しい供養の様式が出てきています。供養は流行に乗ってするものではないでしょうが、今は目新しく見えている供養方法が子や孫の世代では定番化している可能性も有ります。最近の供養方法と選び方について記事にしています。
終活

あなたのエンディングノートが親孝行になる理由

親に終活を勧める時に、おすすめなのはエンディングノートです。ただそのエンディングノートを書いてもらうには、親の気持ちを理解してあげる必要があります。まずはあなたがエンディングノートを書いてみることで親の気持ちに寄り添ってみましょう。
終活

40代の子供が親に終活をして欲しい理由

40代にむけて終活の大切さを発信しています。親に終活の重要性を伝えたいという要望が多いので、45才で83才の親を急に亡くした経験から、親が死ぬ前に準備しておいてほしかったことをお伝えしています。
終活

エンディングノートは45才までに書き始めましょう

シニアの「死に支度」のイメージが強い終活は、実は40代がやってこそメリットを最大化できます。残される家族の為、自分自身の残りの人生の為、エンディングノートを書く事で終活を進めるメリットを説明しています。
終活

意外と勘違いが多い相続の基本3つ

相続税は誰にでも必ずかかるものではありません。すべてのケースで申告義務が発生するわけでもありませんし配偶者は必ず財産の半分をもらわないといけないわけでもありません。相続税の仕組みと分割のルールを、事前に準備した方が良いと思われることも含めて解説しています。
仕事

結果が出せる営業マンには人見知りが多い?

営業をする上で、人見知りであることは決して弱点ではありません。人見知りというブランディング?で結果を出すための秘訣を、成功されている人見知りの方を観察する事で解説しています。参考図書付き
終活

DINKS家庭に大切な終活4つ

お金に関しては余裕がある事が多いDINKS家庭。お金だけではない老後への備えに関して、重要な4項目をあげて解説しています。
お金

30代のへそくりは運用にまわしましょう

へそくりを貯金で持っているなら投資信託のような金融商品で運用する方が賢いかもしれません。当面使う予定の無いお金の運用方法を記事にしています。
終活

40代会社員は終活を始めましょう

 どうも、こぼすけです。ご覧頂きありがとうございます。 母の死と早期退社がかさなり、私自身のドタバタ体験を皆さんには繰り返してほしくない。 という想いから、 「終活」 に関わる事で起業できないかと現在考えています。 ⇒続きを読む
タイトルとURLをコピーしました