終活資格取ってみた

終活

 どうも、こぼすけです。ご覧頂き、ありがとうございます。

先日、

『終活』

の、資格セミナーに参加してみましたので、投稿させて頂きます。

終活とは

終活とは、

『人生の終わりについて考える活動

の事で、

2009年に、週刊朝日のコラムで使われたのが最初で、2012年には、流行語大賞にノミネートされました。それから、徐々に認知度をあげて、今では、

しゅうかつ』でパソコンの変換をすると、何番目かに『終活』が出てくる程になっています。

取得理由

 ・・・昨年、母親が亡くなりました。

その際、葬儀の手配や、役所・銀行関係の手続きに

『本当に苦労しました。』

 亡くなる2週間程前まで、孫と一緒に焼き肉を食べに行く程、元気だった母が、急に体調不良を訴えて、その翌日には心臓がとまり・・・。

 父は、昭和の男よろしく、家計の事は全くわからず、

『通帳や印鑑がどこにあるかがわからない。』

 私は限られた忌引き休暇を、片付けや物探しといった雑事に追われ、母の死を悼む暇もありませんでした。

 そんな折、ふとこんなことも思いました。

『もし俺が今、急に死んだら、ネットで保有している口座には、誰もたどりつけないだろうな』

 親を亡くして、初めて分かった事。

『自分は親として、同じような面倒は、嫁様や子供にさせたくない。』

 そんな事を考えて、『終活』を勉強してみようと思ったのです。

終活の範囲

『終活』という言葉で、括ってしまえば一言ですが、知っておきたい範囲はこんなにあります。

  • 健康・医療
    • 介護や認知症への対策。病気になった際の、治療方法・終末医療の希望など
  • 保険
    • いざという時、『何が利用できる』かや、『いつ』・『どれくらい』・『どうやって』もらえるかなど。
  • 葬儀・墓
    • 亡くなられてから葬儀までの流れ、必要な手続きや手配。費用や作法など。
  • 相続
    • 遺言や相続税の算定基準。相続方法など。
  • 遺品整理
    • 役所やライフライン、銀行への届け出方法。必要書類、手続き方法など。

 これら、広範囲に及ぶ項目を、事前に整理しておく為のツールに、『エンディングノート』がありますが

『終活≒エンディングノート』

と言う人もいる程なので、エンディングノートについては、改めて投稿したいと思います。

終活の組織

 勉強するにあたり、公的な資格があるか調べたところ、いくつか資格名が出てきました。しかし、どの資格も、基本的に国家資格では無く、社団法人などで運営されている、【民間資格】のようです。

 これから資格取得を目指す方。『終活』に関して、これから何らかのサービスを受ける方は、あらかじめこの事を、知っておいた方が良いかと思います。

 具体的な資格の種類については、私が受講した、「一般社団法人終活協議会」の代表さんが、自ら比較している記事があるので、参照ください。

 私が、『終活協議会』で受講した理由は、

この投稿がわかりやすかったこと。

あと、『終活を仕事にできる』と書いてあった事に興味を持った為です。

終活ガイド資格を、取得して思ったこと

 事前に送られてくるテキストや、学習動画は、若干胡散臭いと思ったのですが、講義の内容は親切丁寧できちんとしていました。

・・・研修前後にHPがきれいになったり、youtube動画をUPしてたり、色々と整備中のようです。設立が2015年との事でしたので、試行錯誤の最中といった所なのかもしれません。

 『終活を仕事に』という事に関しては・・・。

『この資格があるから稼げる。』

といった、類のものでは無いなと。

『終活は仕事にならない』という訳では無く、これだけ広範囲になると、困り事を解決する為には、それぞれもっと、専門的な知識が必要になるかなと、

・・・ビジネスとして、成り立たせるなら、こんな感じでしょうね。

  1. 集客をして、
  2. 『終活』を知ってもらい、
  3. 困りごとを聞き出し、
  4. 最適解をもっていそうな人(士業の方やお寺etc)に繋ぐ。

まとめ

 資格自体は、簡単に取得できましたが、『資格=ゴール』では無いですね。

・・・大体の資格はそういうものでしょうが。

 『終活』は、間口が広く、奥も深そうなので、一朝一夕で習得できるものではなさそうですね。

時間をかけて学ぶ。『生涯学習』というやつですね。

 これだけ奥深い物だけに、こういった、資格の為の、講習や教材は、

『入り口としては入りやすく、体系的に学べるからコスパは良いな

とは、思いました。興味があればぜひ。

・・・とりあえず私は実家の掃除から。

タイトルとURLをコピーしました