長い長い平日の有給①。

終活

 

休暇を取るのも仕事。

昨日、年度有給消化のための休みをとりました。年間5日の有給取得が必須になっており、上司からののプレッシャーもありましたので、心のうちは、

『もうすぐ辞めるから、今年の有給は5日といわず、全部使いますよ!!』

と思っているのですが、まだ公になっておりませんので、促されるまま取得することにしました。いつもならこんな時は、『何しよう?』なんて考えながら、結局土日と変わらない休みを過ごすのですが、今回は母の葬儀後の手続きや退職後の準備などもあり、前日から計画を考えていました。

することリストは、こんな感じです。

  • 母親の原戸籍をとる。(上尾・大宮・川越?)
  • 自分の戸籍を取る。(大宮)
  • 自動車ディーラーに車検証のシールをもらう。(上尾)
  • 銀行に実家を片付けたら出てきた詳細不明の通帳を解約する。(上尾)
  • 乗換前の携帯会社で毎月少額残る請求を止めに行く。(大宮?)
  • 嫁の職場への送迎&娘の塾の送迎(大宮)

・・・+ブログの先生のZOOMレクチャー。

予定では、

嫁様を職場に送迎⇒最寄りのさいたま市の支所で戸籍等取得⇒川越で母の原戸籍⇒上尾で原戸籍⇒銀行⇒ZOOMレクチャー⇒ディーラー⇒(ちょこっと上尾の実家で父の様子見)⇒携帯ショップ⇒嫁様⇒娘⇒ブログ投稿⇒娘。

と、既に割とガッチガッチに詰め込んでいたのですが、日曜日も夕方になってから、

『四十九日のお礼を年内にしてしまいたいな。どうせなら退職する旨と、失業中にバイト感覚で雑用させてくださいね!!ってお願いしたいな。』

みたいなことを思いついてしまいました。

時は金なり。

 やりたいと思ったら我慢できなくなってしまい、夕方から大宮駅で年寄の喜びそうな品を物色。

・・・ないんです。そもそも当日持って帰れるものが少ない。あって食品・カタログギフト・タオルといったもの。父を見てて思うのですが、

  • 食品      ⇒食べるものは好き嫌いがある上に使いきれない。
  • カタログギフト ⇒字を書く、投函するといった行動が面倒で使わない。
  • タオル     ⇒数十年の社会との付き合いで既に捨てる程ある。

・・・すべて母の祭壇作りの片づけで捨ててます。

大宮で4店、勢いづいてしまい新都心でさらに2店探索しましたが、結局大宮に戻り、2件目に見た百貨店で入浴剤を購入しました。百貨店の包装紙が輝いて見える世代の方たちへの贈り物ですので、これはこれで良いのかなとは思いますが、○○アロマといった、品の良い奥様向けの商品でした。

事前に調べておけば、もう少し良いものがあったかと↓↓(例)↓↓。なのに体力勝負で時間を浪費して・・・時は金なり。

しかも5つも買ったので、超重い。店員さんに心配されながら、電車に乗って歩いて家まで帰ってきました。

3個と2個に分けて頂き、底が抜けないように2重に袋。更に、指に食い込まないように持ち手に補強まで。
これぞ百貨店の接客。

走りながら考える。

【行動は早く。】ですが、同時に計画は怠らずに進みたいものです。

『2倍の努力をしても、ゴールが間違っていたら、2倍の速さで望んでいない所に辿り着くだけ。』

『腕の良い大工は、2度測って1度で迷わず切る。』

みたいな比喩があったかと。確かこの本だったと思います。

・・・たぶん。・・・30周年特別版が出てました。

前段が長くなってしまったので、娘を迎えに行く時間が来てしまいました。

・・・実際は、計画とかなり段取り変わりましたので、当日の模様は分けて投稿することにします。

♪よ〜く考えよ〜 お金は大事だよ〜♪ 

※令和2年の年末です。・・・時は金也。

タイトルとURLをコピーしました