おじさんに厚底は必要?~ジョギングシューズ~

健康

箱根駅伝は黄色の厚底ばっかり。

 明けましておめでとうございます。2日・3日はもう何十年と、箱根駅伝を見ています。マラソンとか駅伝とか、見てしまうんですよね。なんでですかね?

  • 出身校が出てるから。
  • 単調な中に、急に抜いたり抜かれたりのドラマがあるから、途中でやめれない。
  • 時間の進む感じが、正月の緩さにちょうどいい。
  • 去年みてた選手が活躍してると、『俺は去年から知ってるよ』見たいな顔ができる。

といったところが、主な理由でしょうか。単におじさんだから、見てしまうんですかね?CMの作りを見ててもおじさんをターゲットにしてる感ありますよね。

・・・興味がない人からすると、半日近くただ走ってるだけなんで、家族の共感は得られてません。

 にしても、今年もナイキの厚底だらけでしたね。

特に『黄色い厚底ばっかり』

ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト%という商品のようです。

これとナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%の2足のどちらかを、今年の箱根の往路を走った選手の、約95%が履いていたそうです。

おじさんのジョギングに厚底は必要?

 アスリートにとっては、余程、画期的なシューズなんでしょうね。去年、話題になり出した頃から

『反則ギリギリ。』とか『体に合わないと鼻血が出る。』

なんて話もありましたが・・・。

 単純に『かっこいいじゃん!!』って思ってはいましたが、きちんと見てみると、『お高いですね~』。3~4万もするんですね。そもそも競技で使用する人の為に開発されたものですから、私のような、休日に家の周りをダラダラ走る人間には『カーボンプレート』とか、機能が不釣り合いすぎます。しかも競技用だから、長い期間使用したりすることは、それ程考えていないだろうし・・・。

ナイキ派?アシックス派?

 調べてみると、厚底といっても、種類が結構ありますね。 エア ズーム テンポ ネクスト・ナイキ ズーム フライ ・ナイキ エア ズーム ペガサス あたりが、練習用っていう位置づけなんですかね。いずれもガチ感が強めですね。・・・ZOOMエア。昔バッシュ持ってたな(エアペニーだったかな)。

 ナイキも確かにかっこいいですが、40半ばのおっさんには、今時過ぎるんですよね。

そこで私のお勧めはアシックスです。

ここ5・6年アシックス派なんですよね。この厚底旋風の中すっかり影が薄くなっておりますが、もともと陸上と言えば、アシックスかミズノ。

・・・慌てて厚底も出してました。履かれてませんけど。

主観によるシェア

 大宮公園及び、氷川神社周辺での主観的見解ですが、シューズに関しては、、アシックスを履いている人が多いように思います。ウェアは他のブランドでも(私も冬はユニクロです)、シューズはアシックスが多い。あまり若い世代が多くないからかもしれませんが、アシックス使用者って

『いい所ついてるよね感』がある気がします。『ちゃんとしてます感』というか・・・。

 チャラくもなければ、ガチ感もそれ程強くなく、それでいて国産トップのブランド感もあり・・・。まさにおじさんランナーにはうってつけです。

・・・これが、若い子が履くと、【学校指定感】が出てくるので不思議です。優待目的ですが株主でもあるので、その辺がナイキやアディダスみたいな、競技用メーカーからアパレルブランドへと飛躍できない理由かな。なんて思ってます。

・・・すべてかなり偏った、主観です。

 意外とすれ違いざまに、シューズは見られている気がします。軍手で走るのは気になりませんが、遊びに行く用のスニーカー(アディダススーパースター)で走るのは、ちょっと恥ずかしい気持ちもあったりします。それ位シューズ選びは大事です。

・・・すべてかなり偏った、主観です。

使用履歴

 休日ジョギング歴7年程になりますので、ざっと、今まで履いてきたシューズをご紹介します。アシックス推しの私ですが、走り始めた頃は、ナイキを履いていました。マイケルジョーダン世代の元バスケ部なんで、もともとはナイキ愛が強いんです(当時はバッシュもナイキ派とアシックス派に分かれてました)。

・・・それに今より若かったし。

■ナイキ フリー

 走り始めた頃は、街履きをそのまま使ってました。ソールに切り込みがはいってて(マンゴー食べるときみたいな)、歩くのには申し分なかったのですが、走ると足の裏痛かったです(まだ太ってたからかもしれませんが)。2足目を買った、佐野のアウトレットの店員さんに『フリーでジョギングですかあ。』と、こいつわかってねーな感だされた記憶があります。

■ナイキ ルナグライド

 アウトレットで購入しましたが、店員さんがいろいろ教えてくれて『ジョギングのエントリーならエアよりいいですよ』って、ツボを突かれて購入しました。ソールのクッションが柔らかくて、走りやすかったです。多少足首まわりのホールドが弱いと感じたのと、柔らかいからソールの減りは早かったかもしれません。大会に出るわけでもないのに、一番はまり込んで走ってた頃だったので、減りが早かったのかもしれませんが。

■アシックス GT1000

 ルナグライドを2年履いて『そろそろ買い替え時かな?』って思ってた頃に、近所のイトーヨーカドーが在庫処分で投げ売りしてたので、買い換えました。ジョギングを続けるうちに、アシックス履いてる人の『オーラ』を、勝手に感じだしていた頃です。アシックス全般の特徴ですかね?足首まわりも、ソールも固い印象でした。ただ流石は国産メーカー、【ワイドタイプ】があります。『だんびろ甲高』な私の場合、ルナグライドもそうでしたが、履いてると、外側の小指のあたりが痛かったり、破けてきたりするんですよね。その辺の楽さは断然ありました。

■アシックス GT2000

 GT1000をやはり2年履いて、外観がだいぶくたびれてきたので、越谷のアウトレットで買い換えました。ソールと足首の固さは、GT1000に似てました。足首まわりのホールド感は、GT1000より格段に上がった気がします。ちなみにうちの息子は、このホールド感が嫌で、アシックスの靴を買いません(株主優待で安く買えるのに)。『ソールは固いけど長持ちします。履き心地は、値段と新しさに比例して良くなります。』って店員さんに言われましたが、当時、店にあった靴の中で、デザインが一番気に行ったので、GT2000を買いました。・・・今は厚底化してるんですね。

■アシックス GEL-KAYANO

 GT2000をやっぱり2年履いて、GEL-KAYANOを、これまた越谷のアウトレットで買いました(ちなみに、アシックスの店舗は入間のアウトレットにもあって、こっちのほうが売り場は大きいです)。GT2000を買った時の『履き心地は、値段と新しさに比例して良くなります。』という言葉が残っていたので、上位機種を買おうと決めていました。足首まわりはそんなに変わりませんが、クッション性はだいぶ良いです。値段の違いは、『感じるっちゃあ、感じる』といったレベルです。

メリット・デメリット

何となく過去に履いてきたシューズの印象ですので、今は当然、私が履いていた頃より進化していると思いますが、勝手な感想です。

【ナイキ】

  • おしゃれ。
  • 種類が豊富。
  • クッションが柔らかい。
  •  高い。
  • ソールが減るのが早い気がする。
  • 足首のホールドが少し不安

【アシックス】

  • 価格が手ごろ。
  • 幅広がある。
  • ソールの持ちが良い気がする。
  • 地味?
  • クッションが固い。
  • 足首まわりも固い

結論。

 個人的には『幅広がある』一択でアシックス勝利ですが、定期的に買い替える必要がありますので、

機能(用途)・値段(コスパ)・世間体(デザイン)

を考えながら、決めるのがいいかと思います。レース用で300~500km レース兼トレーニング用で500~800km トレーニング用で1000km位が目安と言われているようなので、週末に5km×2日とか、週3で3km走るくらいのゆるいランナーでしたら、年450㎞位の走行距離です。なので1~2年おきには買い替えることを想定しておいた上で、どの程度のグレードを買うかきめるべきでしょう。私の場合、クッションの摩耗が気になったのは、ルナグライドだけでしたが、外観がヘタレてくるんで、2年履いた秋頃に買い替えるようにしています。

・・・優待の割引券が届くのと、夏場は汗をかくので、いきなり新品が汚れていくのが嫌なので。

 あと、今は靴だけでなく、マスクなども必要ですし、おじさんは、翌日に疲れを残さない為のケアなども必要だと思います。私は朝食にもとっていますが、走った後は必ずプロテインを飲んでます。人工甘味料が入ってないタイプがお勧めなのでリンクも貼っておきます。

 テレビ見ながらぼんやり思った事を、ずいぶん時間をかけて記事にしてしまいました。

・・・休みがおわってしまう~。

タイトルとURLをコピーしました