高齢者の交通事情~免許の更新と父の病院~

終活

 どうも、こぼすけです。ご覧頂き、ありがとうございます。

 先日、平日に『3日連続の休暇』を取得しました。会社で用意されている制度で、今まできちんと取得した事が無かったのですが、有給休暇が余りそうなので、休ませて頂きました。

・・・3月で、20数年勤めた会社を退職予定です。

 『免許の更新』と『父親の通院の送迎』

という、平日にしたい事を済ませたのですが、その際に感じた事を、投稿させて頂きます。

交通関連の最近の傾向 (2021年1月現在)

 今回の更新は平日だったので、免許センターでは無く、最寄の警察署に行きました。コロナ禍で警察署も密を避ける為でしょう。柔道場にブルーシートを敷いて、会場が増設されていました。

 そんな中、動画×2本と、警察官の方からの話を受講して来ました。埼玉県の、最近の交通関連の状況は、このような感じのようです。

  • あおり運転の増加
  • コロナ禍で自転車ユーザーが増加し、自転車事故10%UP
  • 運転者の5人に1人は65歳以上

 道路交通法は、問題の発生に応じて、迅速に変わる法律なんだそうです。

あおり運転に対す罰則は、ワイドショーをに騒がせた直後の昨年6月から施行されています。

自転車に対する法整備も、これから更に進んでいくのでしょう。

そして、こちらも社会問題になりました、

『高齢運転者』への対策

も、昨年6月に公布されました。

高齢運転者対策の充実・強化を図るための規定の整備

高齢運転者対策の推進を図るための規定の整備

 平成29年3月に、『高齢運転者対策の推進を図るための規定の整備』として、主に高齢者の免許更新時の規定が整備されました。

【主な内容】

  • 臨時認知機能検査と臨時高齢者講習
  • 臨時適性検査制度の見直し
  • 高齢者講習の合理化・高度化

 ・・・私の父は、この直後に免許を返納しました。

高齢運転者対策の充実・強化を図るための規定の整備

 高齢者の事故は、その後も幾度となくニュースに取り上げられました。世論の高まりを受けての事でしょう、さらなる追加策として、

高齢運転者対策の充実・強化を図るための規定の整備

が、昨年6月に公布され、2年以内の施行が予定されています。

【主な内容】

  • 運転技能検査(実車試験)の導入
  • 安全運転サポート車(サポカー)限定免許の創設

 75歳以上の、『認知機能低下が疑われる』一定の違反履歴のある方は、今までの

『検査・講習』では無く『試験』により

能力を具体的に確認されるようになります。

最新技術を取り入れた『サポカー限定免許』も、高齢運転者対策が、『喫緊の問題』と考えられている表れでしょう。

免許返納の難しさ

プライド

 私の父は、77歳で自ら免許を返納しました。返納前は、孫を乗せて近所の公園に出かける事がありましたが、停止や右折のタイミングが危なっかしく、かなり怖かった印象があります。

父は、自らの判断で、免許を返納する事が出来ましたが、多くの方は『老いを認める行為』自体が難しいのでは無いでしょうか?

インフラ

 また、生活のインフラとして、『移動を車に頼らざるを得ない』人も多いかと思います。

スーパーに、歩いて買い物に行くのは大変ですし、重い荷物を、家まで持って帰ってくるのも容易では無いでしょう。

 免許更新の翌日、父を病院に連れて行きましたが、父の家から病院までは、『車で15分程』の距離なのですが、公共交通機関で行こうとすると、

『駅までバスで20分』・『駅から電車で10分』・『駅から病院まで20分』

と、計1時間程、掛かります。

乗り継ぎによっては、更に待ち時間も加わります。父のような高齢者からすると、階段の上り下りも大変でしょう。

まとめ

 父は、免許返納後、病院の送迎を友人にお願いしていたようですが、『お願い相手』も、今年免許を返納するそうです。CMなどで、免許返納を促していますが、返納後の生活のサポート体制は、まだまだ整っていない印象を受けます。

 私にしても、父を送迎するようになったのは、

会社を辞める決意が固まったからです。

コロナ禍で、『在宅ワーク』や『フレックス勤務』が、いくらか市民権を得られてきたとはいえ、勤務を続けていたら、平日の病院への送迎は、渋っていたと思います。

 今まで、

『見ないふり』をしてきた、『親のこれから』

を考えた休暇でした。

・・・いつもの平日より働いた。

タイトルとURLをコピーしました